Sandrine Burriel サンドリン・ブリエル
sandrine.jpg

Sandrine Burriel is interested in too many things for a 24-hour day. After studying energy and information sciences at Supélec, she started her first career in IT and scientific computing, then became a technical translator and writer. When she moved to Okinawa, her love of science took over again and she joined the PhD program at OIST, where she studies cancer biology. Her free time is spent sweating in her local dojo practicing karate, paddling and sailing with her sabani team, or snorkeling in the Okinawan sea. She loves math and books, Linux and Shakespeare, and learning new languages to make new friends. Most importantly, she loves building bridges between people, fields and ideas.

サンドリン・ブリエルさんは、あまりにも多くのことに興味があるため、一日24時間では足りないと考えています。彼女はフランス高等電気学校で学んだ後、ITと計算科学の分野でキャリアをスタートさせ、その後、技術翻訳者と作家となりました。沖縄に移住した際、科学への情熱が再燃し、OISTの博士課程プログラムに入学、ガンに関する生物学を研究しています。余暇は、地元の道場で空手を練習したり、サバニチームでパドリングやセーリングを練習したり、沖縄の海でシュノーケリングしています。また、数学、読書、リナックス、シェイクスピアを愛し、新しい友達を作るため新たな言語を学ぶのに夢中です。とりわけ、人、分野、アイデアを結ぶ橋渡しをすることが大好きです。

Paola Laurino パオラ・ラウリーノ
Paola Laurino.jpg

Paola Laurino PhD was born in Italy close to the Alps. After she completed her master’s degree she moved here and there in Europe to explore her passion for chemistry– the Netherlands, Switzerland and Germany–finally heading to the Middle East (Israel), where she got fascinated by proteins and directed evolution. In Israel she enjoyed many different cultures (but most of all hummus). There Paola realized that by her experiments she could also grasp a bit of the beauty of nature. Paola moved to Okinawa one year ago and enjoys exploring small beaches along with their seas and animals in the north of the island.

パオラ・ラウリーノ博士は、イタリアのアルプス山脈に近い地方で生まれました。修士号取得後、化学に対する情熱を追い続け、オランダ、スイス、ドイツといったヨーロッパ各地を廻り、最終的には中東(イスラエル)で、タンパク質と指向進化に魅了されました。イスラエルでは、多くの異なる文化(特にひよこ豆料理のハマス)を楽しみ、経験を通して、自然の美しさに触れることに目覚めました。1年前に沖縄に移住し、島の北部にある海や動物とともに小さな海岸での探索を楽しんでいます。

Makoto Suzuki 鈴木信
suzuki bw.jpg

Makoto Suzuki MD PhD is a cardiologist and geriatrician. He is Professor Emeritus and former Director of the Department of Community Medicine at the University of the Ryukyus. He recently retired from his position as professor in the Department of Human Welfare at Okinawa International University. Currently, he directs the Okinawa Research Center for Longevity Science and is the Principal Investigator of the Okinawa Centenarian Study. The study is entering its 36th year and is the longest continuously running centenarian study in the world. He was recently presented with the Nishi-Nihon News Award to recognize his lifetime contributions to health and well-being in Japan.

鈴木信医学博士は、心臓病専門医であり、老人病専門医でもあります。琉球大学名誉教授であり、以前は同大学の地域医療部長でした。沖縄国際大学人間福祉学科教授を最近退任した鈴木博士は、沖縄長寿科学研究センター所長を務める沖縄長寿研究の主任研究者でもあります。この研究は36年目に入り、世界で最も長く続いている100歳以上の人を対象にした研究です。先ごろ鈴木博士は、日本での健康と福祉への彼の生涯にわたる貢献が認められ、西日本ニュース賞を受賞しました。

Kenichi Sajiki 佐二木健一 
K.Sajiki-YBG2-small.jpg

Kenichi Sajiki PhD is a staff scientist researching cell biology in the G0 Cell Unit at OIST. His research interest is understanding the regulation mechanism of how cells decide between proliferation and quiescence. Kenichi is also interested in the traditional style of Okinawan pottery called Yachimun. Fascinated by its techniques and culture, he decided to learn the art of pot making from the studio Kitagama in Yomitan. He helped organize the art exhibition “Kitagama x OIST - Tradition and Science” at OIST in 2015.

佐二木健一博士は、OISTのG0細胞ユニットで細胞生物学を研究するスタッフ・サイエンティストです。研究における関心事は、細胞が増殖と休止の間をどのように決定するか、という調節機構を理解することです。また、佐二木博士は、「やちむん」という沖縄の伝統的な陶器にも興味があります。その技術と文化に魅了され、読谷の北窯工房で陶器作りの技術を学ぶ決意をし、2015年には、OISTでアート展「北窯×OIST~伝統と科学」を開催運営に携わりました。

Maki Thomas トーマス真紀
maki 2.jpg

Maki Thomas has always been fascinated by nature, especially aquatic environment. She left her hometown of Tokyo to study marine biology at the University of Ryukyus where she learned to sail over the beautiful sea. She finished her associates degree in journalism and bachelor’s degree in environmental science in the US. Later she worked for an environmental consulting company in Okinawa where she gained experience in protecting the locally unique environment. Maki loves diving, snorkeling, and is even learning to surf. Her passion and lifework is to protect the nature that provides us with the spiritual and physical energy for our children.

トーマス真紀さんは常に自然、特に水生環境に魅了されてきました。琉球大学で海洋生物学を学ぶため、地元東京を離れ、美しい海の航海術を学びました。米国でジャーナリズム准学士と環境科学の学士号を取得した後、沖縄の環境相談コンサルティング会社で働き、沖縄の独特な環境を守るための経験を積みました。ダイビングやシュノーケリングが好きなトーマスさんは、サーフィンも習っています。彼女の情熱とライフワークは、子供たちに精神的・物理的なエネルギーを提供してくれる自然を保護することです。

Ray Xin Lee レイシン・リー
raylee.jpg

Ray Xin Lee was touched by the fact that animals use their brains to face great uncertainty in nature and to perform countless tasks throughout their lives. Embarking on a career in natural science, Ray realized that behavioral neuroscience is the nexus of different academic disciplines, presenting fascinating questions about mind and matter.  Initially daunted by the large number of abstract concepts and paradoxes, Ray finally decided to dive into it. Currently a JSPS research fellow and a PhD candidate, Ray investigates psychology and the neuroscience underlying spontaneous behaviors, social interactions, and emotions in mice.

レイシン・リーさんは、動物たちが自分たちの脳を使って、自然界における多大な不確実性に向き合い、生涯にわたって無数のタスクを行うという事実に感銘を受けました。リーさんは自然科学系のキャリアをスタートさせた後、行動神経科学とは、さまざまな学問分野の集合体であり、心と物質に関する魅惑的な問題を提起していることに気付きました。当初は数多くの抽象的な概念とパラドックスに戸惑いましたが、結局、この問題に自ら飛び込む決心をしました。現在、科研費の研究員であり、博士候補者であるリーさんは、マウスにおける自発的行動、社会的相互関係、感情の根底にある心理学と神経科学について研究しています。

Nozomi Kobayashi 小林希実
Photo_Nozomi_Kobayashi.JPG

Nozomi Kobayashi PhD specializes in the ecological study on whales and dolphins at the Research Center of the Okinawa Churashima Foundation. She used to live in Chichijima in Ogasawara and started her career as research scientist on humpback whales at the Ogasawara Marine Center. After three years in Ogasawara she obtained her PhD degree in Marine Science and began working as a zoological scientist at her present post. Her current focus is studying the sound communication of animals, especially among whales and dolphins. She hopes to have the chance to connect with local people as well as people all around the world by sharing the interesting stories of animals she has discovered throughout her study and her career.

小林希実博士は、沖縄美ら財団の総合研究センターで、クジラやイルカの生態研究を専門としています。以前は小笠原の父島に住んでおり、小笠原海洋センターでザトウクジラの研究員としてキャリアをスタートしました。小笠原で3年間過ごす中、海洋科学の博士号を取得し、現職である動物学者としてキャリアをスタートさせました。現在、彼女が特に焦点を当てている研究は、クジラとイルカの間などの動物間の音声コミュニケーションです。小林博士は、研究とキャリアを通じて発見した、動物たちの興味深い話を共有することにより、世界中の人々だけでなく、地元の人々ともつながる機会を得たいと考えています。

Yasha Neiman ヤーシャ・ネイマン
yasha.jpg

Yasha Neiman PhD is a theoretical physicist. Born in Russia, raised in Israel, married in Czechia, kids in the US and Canada, and currently living in Japan, Yasha has been places. Growing up a math nerd, it took him some years to appreciate that fact that Nature was a math nerd too. He enjoys collecting stories that shed light on the history and inner workings of the world. Yasha is a fan of all sciences, but physics is his forte. In his work, he tries to sneak up on the question of how gravity and quantum mechanics can coexist in a universe that is constantly expanding, that too at an accelerated rate. He approaches science hedonistically and has been able to get away with it so far.

ヤーシャ・ネイマン博士は理論物理学者です。ロシアで生まれ、イスラエルで育ち、チェコで結婚し、米国とカナダで生まれた子供たちと共に、現在日本に住んでいます。数学オタクとして成長し、自然自体が数学オタクであったという事実を認識するのに数年かかったと語るネイマン博士は、世界の歴史と内部構造に光を当てるストーリー収集を楽しみとしています。ネイマン博士はあらゆる科学分野のファンですが、特に物理学を強みとしています。絶えず加速しながら拡大している宇宙で、いかに重力と量子力学が共存できるかという問題に、密かに近づこうとしています。ネイマン博士によると、科学に対しては快楽主義的なアプローチをとっており、今までのところはそのアプローチで乗り切っているそうです。

Hideki Sunagawa 砂川秀樹
prof-2.jpg

Hideki Sunagawa PhD is an anthropologist who was born in Okinawa prefecture in 1966. He received his PhD degree for the research of Shinjuku Ni-chome from the University of Tokyo. He has been participating in the activities related to HIV/AIDS since 1990 and has worked with the non-profit organization PLACE TOKYO since 1994.  In 2000, he served as organizing committee chairman for the Tokyo Lesbian & Gay Parade, which was later renamed the Tokyo Pride Parade, and he represented TOKYO Pride in 2005-2006 and 2009-2010. He also engaged in civic activities about LGBT in Okinawa between 2011-2016 and acted as co-representative of Pink Dot Okinawa from 2013-2017.

砂川秀樹博士は、1966年沖縄県に生まれの人類学者で、新宿二丁目の研究で、東京大学から博士号学を取得しました。1990年以来、HIV/AIDSに関連する活動に参加し、1994年からは、非営利団体のPLACE TOKYOと協働作業をしました。2000年には、後に東京プライドパレードと改名された東京レズビアン&ゲイパレードの組織委員長を務め、2005年、2006年、2009年、2010年には東京プライド代表を務めました。また、2011年から2016年には、沖縄のLGBTに関する市民活動に従事し、2013年から2017年は、ピンクドット沖縄の共同代表者も務めました。

Jason Ball ジェイソン・ボール
jason ball.jpg

Jason Ball is a PhD student in quantum information science, a former teacher, and the father of a budding young scientist, Jason has a passion for teaching physics. Although many people are intimidated by physics, Jason believes that everyone is capable of understanding the guiding physical principles of our world, including quantum mechanics. Jason’s primary research interests at OIST lie in developing technologies to protect and transfer quantum information, and he has also taken up quantum programming as a hobby. When he’s not in the lab or the classroom, Jason can be found spending time with his family or painting miniatures.

ジェイソン・ロバート・ボールさんは、量子情報工学の博士課程の学生で、父親でもあり、お子さんは小さいながらも既に科学者の素質をもっているそうです。元教師で物理学を教えることに情熱を抱いているボールさんは、多くの人が物理学は難しいと敬遠する中、量子力学を含む、私たちの世界を導いている物理的原理を理解するのは、誰にでも可能だと考えています。OISTで主に興味を持っている研究分野は、量子情報を保護しながら転送する技術開発で、量子プログラミングも趣味としています。研究室や教室にいないときは、家族と過ごすか、ミニチュアモデルの製作をしています。