Nozomi Kobayashi 小林希実

Photo_Nozomi_Kobayashi.JPG

Nozomi Kobayashi PhD specializes in the ecological study on whales and dolphins at the Research Center of the Okinawa Churashima Foundation. She used to live in Chichijima in Ogasawara and started her career as research scientist on humpback whales at the Ogasawara Marine Center. After three years in Ogasawara she obtained her PhD degree in Marine Science and began working as a zoological scientist at her present post. Her current focus is studying the sound communication of animals, especially among whales and dolphins. She hopes to have the chance to connect with local people as well as people all around the world by sharing the interesting stories of animals she has discovered throughout her study and her career.

小林希実博士は、沖縄美ら財団の総合研究センターで、クジラやイルカの生態研究を専門としています。以前は小笠原の父島に住んでおり、小笠原海洋センターでザトウクジラの研究員としてキャリアをスタートしました。小笠原で3年間過ごす中、海洋科学の博士号を取得し、現職である動物学者としてキャリアをスタートさせました。現在、彼女が特に焦点を当てている研究は、クジラとイルカの間などの動物間の音声コミュニケーションです。小林博士は、研究とキャリアを通じて発見した、動物たちの興味深い話を共有することにより、世界中の人々だけでなく、地元の人々ともつながる機会を得たいと考えています。