Jason Ball ジェイソン・ボール

jason ball.jpg

Jason Ball is a PhD student in quantum information science, a former teacher, and the father of a budding young scientist, Jason has a passion for teaching physics. Although many people are intimidated by physics, Jason believes that everyone is capable of understanding the guiding physical principles of our world, including quantum mechanics. Jason’s primary research interests at OIST lie in developing technologies to protect and transfer quantum information, and he has also taken up quantum programming as a hobby. When he’s not in the lab or the classroom, Jason can be found spending time with his family or painting miniatures.

ジェイソン・ロバート・ボールさんは、量子情報工学の博士課程の学生で、父親でもあり、お子さんは小さいながらも既に科学者の素質をもっているそうです。元教師で物理学を教えることに情熱を抱いているボールさんは、多くの人が物理学は難しいと敬遠する中、量子力学を含む、私たちの世界を導いている物理的原理を理解するのは、誰にでも可能だと考えています。OISTで主に興味を持っている研究分野は、量子情報を保護しながら転送する技術開発で、量子プログラミングも趣味としています。研究室や教室にいないときは、家族と過ごすか、ミニチュアモデルの製作をしています。