Kenichi Sajiki 佐二木健一 

K.Sajiki-YBG2-small.jpg

Kenichi Sajiki PhD is a staff scientist researching cell biology in the G0 Cell Unit at OIST. His research interest is understanding the regulation mechanism of how cells decide between proliferation and quiescence. Kenichi is also interested in the traditional style of Okinawan pottery called Yachimun. Fascinated by its techniques and culture, he decided to learn the art of pot making from the studio Kitagama in Yomitan. He helped organize the art exhibition “Kitagama x OIST - Tradition and Science” at OIST in 2015.

佐二木健一博士は、OISTのG0細胞ユニットで細胞生物学を研究するスタッフ・サイエンティストです。研究における関心事は、細胞が増殖と休止の間をどのように決定するか、という調節機構を理解することです。また、佐二木博士は、「やちむん」という沖縄の伝統的な陶器にも興味があります。その技術と文化に魅了され、読谷の北窯工房で陶器作りの技術を学ぶ決意をし、2015年には、OISTでアート展「北窯×OIST~伝統と科学」を開催運営に携わりました。