Ray Xin Lee レイシン・リー

raylee.jpg

Ray Xin Lee was touched by the fact that animals use their brains to face great uncertainty in nature and to perform countless tasks throughout their lives. Embarking on a career in natural science, Ray realized that behavioral neuroscience is the nexus of different academic disciplines, presenting fascinating questions about mind and matter.  Initially daunted by the large number of abstract concepts and paradoxes, Ray finally decided to dive into it. Currently a JSPS research fellow and a PhD candidate, Ray investigates psychology and the neuroscience underlying spontaneous behaviors, social interactions, and emotions in mice.

レイシン・リーさんは、動物たちが自分たちの脳を使って、自然界における多大な不確実性に向き合い、生涯にわたって無数のタスクを行うという事実に感銘を受けました。リーさんは自然科学系のキャリアをスタートさせた後、行動神経科学とは、さまざまな学問分野の集合体であり、心と物質に関する魅惑的な問題を提起していることに気付きました。当初は数多くの抽象的な概念とパラドックスに戸惑いましたが、結局、この問題に自ら飛び込む決心をしました。現在、科研費の研究員であり、博士候補者であるリーさんは、マウスにおける自発的行動、社会的相互関係、感情の根底にある心理学と神経科学について研究しています。