Sandrine Burriel サンドリン・ブリエル

sandrine.jpg

Sandrine Burriel is interested in too many things for a 24-hour day. After studying energy and information sciences at Supélec, she started her first career in IT and scientific computing, then became a technical translator and writer. When she moved to Okinawa, her love of science took over again and she joined the PhD program at OIST, where she studies cancer biology. Her free time is spent sweating in her local dojo practicing karate, paddling and sailing with her sabani team, or snorkeling in the Okinawan sea. She loves math and books, Linux and Shakespeare, and learning new languages to make new friends. Most importantly, she loves building bridges between people, fields and ideas.

サンドリン・ブリエルさんは、あまりにも多くのことに興味があるため、一日24時間では足りないと考えています。彼女はフランス高等電気学校で学んだ後、ITと計算科学の分野でキャリアをスタートさせ、その後、技術翻訳者と作家となりました。沖縄に移住した際、科学への情熱が再燃し、OISTの博士課程プログラムに入学、ガンに関する生物学を研究しています。余暇は、地元の道場で空手を練習したり、サバニチームでパドリングやセーリングを練習したり、沖縄の海でシュノーケリングしています。また、数学、読書、リナックス、シェイクスピアを愛し、新しい友達を作るため新たな言語を学ぶのに夢中です。とりわけ、人、分野、アイデアを結ぶ橋渡しをすることが大好きです。